疲れを取る食べ物の成分や効果

疲れを取る食べ物の成分とは?

疲れを取るためにたんぱく質を補ったり、スタミナをつけたりすることは欠かせません。 ただし、いくらスタミナがつくからといって、肉の食べすぎは、消化疲れを起こしやすいため、お勧めできません。 適度に取ることで、疲労回復効果の高い食べ物を紹介します。

<うなぎ・豚肉>
うなぎは夏バテに聞くといわれるスタミナ食材。 ビタミンB1、ビタミンA、ビタミンDが豊富で、疲労物質の蓄積を抑え、活性酵素の働きを阻害し、 筋肉の動きを滑らかにする働きがあります。

また、豚肉もうなぎと同じようにビタミン類が豊富な食べ物。 疲れてくると、様々なビタミン類が不足し、疲れが取れにくくなるという悪循環に陥りがちですから、 うなぎや豚肉を上手に取って、疲れを取ることに役立てましょう。

<さば>
カリウム、ビタミンB2、EPAを豊富に含む食べ物が、さば。 EPAは血液をサラサラにし、カリウムが血圧を下げ、ビタミンB2が血液の循環を浴します。 疲労物質である乳酸は、血液によって肝臓に運ばれますから、血液がスムーズに流れることは、 疲れを取るために、とても大切なことです。 さばは、血液に流れを改善するために役立つ栄養素が豊富に含まれていますから、 疲れを取る効果が高いと考えられるのです。

<乳製品>
乳製品は、腰の疲れを解消するのに役立つといわれています。 乳製品の多くは、カルシウムが豊富に含まれていて、しかも良質で吸収率が良い特徴を持っています 腰の疲れは、骨密度が低下して起こる場合も多く、カルシウムをしっかり取って、骨を丈夫にすることで、 疲れにくくなるケースが、多く見られるのだそうです。 ですから、腰が疲れやすい、腰痛で困っているという方は、積極的に乳製品を取り、 骨を丈夫にすることが大切です。

<こんにゃく>
こんにゃくは、筋肉疲労、例えば肩こりなどを回復させる効果が高いとされている食べ物です。 こんにゃくには、コレステロールを溶かす働きがあり、生活習慣病に効果があるとされるのですが、 筋肉疲労を回復させるためにも、役立つようです。
これは、血管中のコレステロールを取り除くことで、血流が増加し、疲労物質を取り除く量が増えるためだそうです。 こんにゃくは、エネルギー量が少ない製品でもありますから、ダイエット中などで食事を減らしているために、 疲れが取れにくい方にも、おすすめです。

<豆腐>
豆腐は、消化が良い上に、良質のたんぱく質が多く含まれています。 大豆に含まれるビタミン類も、豆腐には多く含まれることから、疲れている時に食べると、 栄養が吸収されやすく、疲労回復に役立つといわれています。 冷たい冷奴よりも湯豆腐にして食べると、体が温まるため、さらに効果が高くなるそうです。

<ココナッツ>
ココナッツは、エスニック料理でよく使われる食べ物です。 最近では、缶詰が販売されており、比較的手に入りやすくなってきています。 ココナッツには、肝臓の働きを助ける効果があります。
疲労物質は、血液とともに肝臓に運ばれ、分解されますから、 肝臓の働きを強化すれば、疲れも取れやすくなるということです。 あまり普段の食生活にココナッツを取り入れることはないでしょうが、 上手に利用して、疲れを取ることに役立てたいですね。

 

疲れに効いた!驚きのサプリメント

日頃の疲れをとるために、いくつかのサプリメントを検討していたところ、 友人に疲れに効果てき面だったという、にんにく卵黄を紹介されました。 いろいろな問題を抱え、肉体的にも精神的にも弱っていた彼女が 「これのお陰で猛暑の夏を乗り切れた」と強く勧めてくれました。

販売サイトの口コミを読んでみても、疲れをとるサプリメントとして絶賛の声が多く、早速、頼んでみたのですが、このにんにく卵黄は、よくある ソフトカプセルではなく、いわゆる丸薬(正露丸のような)の形状だったので 少し驚きました。
にんにくの臭いも少し気になりましたが、いかにも効きそうで、 期待しつつ飲み始めました。

友人絶賛のサプリメントはこちらです   丸薬・にんにく卵黄の口コミを見てみる

すると飲み始めて2週間、睡眠の質が明らかに向上し、その効果に正直驚きました。

最初の1週間で目覚めのタイミングに変化が起こり、 2週間で早朝覚醒が減り目覚ましがなって目が覚めるように、 3週間で寝坊しそうになることも・・・睡眠の質も向上。
疲労感は明らかに減少、疲れにくくなりました

以前も、ソフトカプセルにんにく卵黄を飲んでいたことが あったのですが、これほどの変化を感じることはありませんでした。 今では、疲れをとる最強のアイテムとして友人同様、手放せなくなっています。

有効成分の含有量と混じり気の無さが別格の効力を発揮する!
友人曰く、大量生産のソフトカプセル製剤は材料を一旦、粉末にしてから 植物油と混ぜてカプセルに充填する ため、有効成分の正味量が半分~5分の1程度になってしまうようです。 また、原料が生にんにくではなく、粉末にしてしまうとにんにく本来の有効性を 引き出せなくなってしまうとのこと。

つまり、ソフトカプセルではにんにくと卵黄が本来持っている効能も半減してしまうので、 この丸薬にんにく卵黄は一般の市販品とは物が違うようです。
保存料や着色料、酸化防止剤などの添加物を一切使用していない点も安心できました。

他にも目に見えて変わったことがあるのですが、 一番良かったのは、よく眠れて、疲れが残らず、疲れにくくなったこと

飲み始めて翌日に劇的に疲れをとる効果があるか、といえばそうでは ありませんが、1週間から2週間で誰でも何らかの 良い変化を期待できるのではないかと思います。
(それほど、私はよく眠れるようになったし、疲れにくく なりましたので)

疲れにくくなったな、ああ良く寝た、という実感は 本当に嬉しいものです。精神的にも楽になれます。 私はにんにく卵黄のおかげで、仕事、家事、介護にもう一度元気に 向き合えるようになったと感じています。

近い将来、あなたが私と同じように、疲れのない、気力の充実した、気分爽快な毎日を送られていことを祈っています。

本物のにんにく卵黄を試してみませんか   お得な1ヶ月お試しセット

 

TOPPAGE  TOP