疲れ目に効くストレッチやツボ、食べ物など疲れ目解消方法を紹介

疲れ目に効くストレッチ

疲れ目とは、眼球が疲れているのではなく、目の周囲の筋肉疲労が原因で起こります。 ですから、目の周りの筋肉をストレッチでほぐすことで、疲れを取る効果があるのです。

目をぎゅっと閉じて、ぱっと開くことを10回程度繰り返します。 そのあと、前を向いたまま、目だけ動かすようにしながら、 上→左上→左→左下→下→右下→右→右上→上と順番に目を動かして1周させます。 左右5周ずつ行うといいでしょう。
このストレッチを行う時には、力まずリラックスして行うと、効果があります。

 

 

疲れ目に効くツボ

両目の間にあるツボや目じりのツボを押すことで、目の疲れに効果があります。 ツボの位置がよくわからないという方は、眉毛のすぐ下を2~3秒ずつ押すようにして、 目頭から目尻に、指を移動させていきます。 『ちょっと痛いけど、気持ちいい』と感じるところが、目の疲れに効くツボです。

 

 

目の疲れに効く食べ物

目が疲れた時には、ビタミン不足が起こっていることも多いため、 ビタミンB群が豊富な青魚や海苔、胡麻を取ったり、 ビタミンA、ビタミンEが豊富なうなぎやレバーを取ったりするなど、 ビタミンが豊富に取れる食べ物を選ぶといいでしょう。

目の疲れに効果があるとして人気のブルーベリーも、アントシアニンが役立ちます。 ジャムを利用するのもいいですが、生のブルーベリーも手軽に買えるようになってきているので、 デザートとして取り入れてみるのも、おすすめです。

今、話題のサプリメントです
アントシアニンが栽培種ブルーベリーの約3倍含まれているといわれるビルベリー。
そのビルベリー60粒分のエキスを1粒にギュッと凝縮! 北の国から届いたブルーベリー

 

TOPPAGE  TOP